早漏のお悩み相談所

早漏のお悩み相談所

早漏症とは、パートナーの女性が性的満足をしない内に男性が射精してしまうことをいいます。特にパートナーの女性は気にするケースが多く、男性にとっても深刻な悩みとなっております。早漏症でお悩みの方は当サイトをご覧ください。

どの程度で早漏と呼ばれるのか

性行為の時に自分で射精のタイミングをコントロールする事が出来ない状態を早漏と呼びます。
女性は勿論、男性も性行為に対して不満が残ってしまうような状態で、人によってはそれでパートナーとの関係が悪くなってしまう場合もあるので、そのまま放置しておくと言う事は良くありません。
では、そもそも早漏とはどの程度で呼ばれてしまうのでしょうか。

三こすり半なんて言う俗語もある様に、早漏の人はすぐに射精してしまうイメージがあります。
男女ともにできれば3分以上は挿入していていたい、挿入していてもらいたいと言う風に言っている人もいる事から、基準は3分程度と考えると良いでしょう。
ただ、実際に計ってみると3分と言うのは案外長く感じる事もあり、その状態まで射精せずにいられたのであれば、それ程大きく悩む必要はありません。

しかし実は治療が必要となる早漏も有ります。
それが挿入から1分以内で射精してしまうと言う場合です。
この場合は治療薬などを利用してその状態を改善する方法が選ばれる事も多くなっています。
従って、1分持たない、挿入する前に射精してしまうと言う事がある場合は一度病院に行って診てもらうと言うのも良いでしょう。

ただ早漏の定義に関してはこの状態になると早漏ですと言う事がはっきりと明確にされていると言う訳ではありません。
その為、人によっては5分程度で射精してしまってもそう呼ばれる場合もあるし、中には15分程度持続したとしてもそう呼ばれてしまうと言う事もあります。
しかしそれらは国際学会などで病院に行った方が良いと言われる状態とは程遠く、実際には早漏でもなんでもない状態の場合も珍しくありません。
従って、自分自身がもしかしたら早漏かもしれないと思った人は、1分持続できるか、3分持続できるかという事を目安にしてみると良いでしょう。

早漏防止は薬で解決することも出来ます、興味があれば挑戦してみましょう。
スーパーカマグラで過敏な下半身を穏やかにし、射精をコントロールしましょう。

早漏の治療薬の種類と安全性

早漏の治療薬には、2つの種類が存在します。

1つめの種類ですが、それはダポキセチンが配合された一般的なPE治療薬になります。
ダポキセチンはSSRIの治療現場でも使われる安全な有効成分です。
男性機能がコントロールされる印象が強いですが、ダポキセチンが行うのは脳内への働きかけです。
直接、ペニスの感度を落としたり、射精の時間を強制的に引き延ばすといった作用はありません。
一般的なSSRIのお薬同様に脳内の乱れた状態を緩和させる事がダポキセチンの役割です。
一般的なPE治療薬は専門医によって安全性が認められており、副作用のリスクも小さいです。

2つめの種類として挙げられるのが、ED治療薬とPE治療薬の主成分が同時に配合された製品です。
EDを治すバイアグラの主成分と、SSRI治療で使われる同じくダポキセチンの主成分が、
一粒の錠剤に含有されているため、男性機能全体にコンプレックスを抱える人々には大変適しています。
勃起力が短時間が得られ、なおかつダポキセチンによって射精時間が普段の2倍から3倍まで引き上げられますので、セックスの悩みが一挙に解消され、男性的なコンプレックスがたちまち改善されます。
こちらも安全性が専門医によって認められており、健康的な男性であれば問題なく始められます。

ただ、ED治療薬とPE治療薬の成分が同時に配合されているため、副作用の方には一定の注意が必要です。
PE治療薬だけなら副作用はほとんど生じないと言われていますが、そこにバイアグラなどの有効成分が入りますと、服用後に頭痛やほてり、視覚の変化、鼻水、倦怠感といった体調不良が現れます。
医薬品自体は安全ですが、副作用はEDを治す有効成分の性質上、高確率で現れますので、混合型のお薬を使う際は、ED治療薬と同じような注意が必要になります。

早漏治療薬は個人輸入できる物である

早漏の改善方法の一つは、治療薬を利用する方法です。
実際に泌尿器科やメンズクリニックなどでも扱いがある場合もあるので、国内での処方は可能です。
ただ全ての病院で扱っているわけではないので、地域によってはなかなか簡単には入手できない事もあります。
さらにこの治療薬自体は自費診療となる為に健康保険が適用されず全額負担となります。
その為、薬価も大体1錠あたり3000円以上になる事もあるので、何度も利用する事を考えると経済的な負担も気になる所でしょう。

ただ、早漏の治療薬は病院で処方してもらうしか入手方法が無いかと言ったら決してそうではなく、それ以外にモテに入れる方法があります。
それが海外医薬品の個人輸入です。
海外では日本国内とは違って手軽に入手できる場所もあります。
勿論ジェネリックも販売されているので、有効成分は同じなのに先発医薬品に比べるとはるかに安い価格で手に入れる事も不可能ではありません。
さらに海外医薬品の場合は早漏予防薬にED治療薬を配合した物等も販売されているので、自分の目的に合っている物を手に入れる事が出来ます。

勿論病院で処方してもらう時とは違うので処方箋も必要なく、自分の都合で購入する事が可能です。
また個人輸入は輸入代行業者を利用すれば、国内で通販を利用する時と同じ様な感じで手に入れる事が可能です。
勿論早漏自体はとてもデリケートな問題なので、注文した薬が何かというのを外側から見て分からないようにしておいてもらいたいと思う人もいるでしょう。
輸入代行業者を利用する場合はその点への配慮もあり、中身が何かわからない様にしておくって貰う事が出来ます。
従って、自宅に商品を届けてもらったとしても中身が何か家族に知られてしまうと言う心配もまず有りません。